【松本市】チケット好評発売中! 子どもから大人まで楽しめる演劇公演 TCアルププロジェクト『モンスターと時計』(2019年11月29日〜12月1日)

この施設のおすすめ対象年齢

まつもと市民芸術館」(松本市)にて、2019年11月29日(金)から12月1日(日)まで演劇「モンスターと時計」が行われます。
現在、チケットが好評発売中です!

「モンスターと時計」は子どもから大人まで楽しめる、ちょっと不思議なモンスターの冒険物語です。

 

TCアルププロジェクト「モンスターと時計」基本情報

 

お問い合わせ先まつもと市民芸術館チケットセンター 0263-33-2200

開催日 
2019年11月29日(金)~12月1日(日)
開催時間 11月29日(金) 19時
〜
11月30日(土) 12時〜/16時
12月 1日(日) 12時〜
会場 まつもと市民芸術館 小ホール
(
〒390-0221 松本市深志3-10-1)
対象年齢 4歳から入場可
(4歳未満のお子さまは有料託児が施設内にあります)
チケット料金 チケット好評発売中(自由席・税込)
一般3,500円
U18 2,000円
小学生以下1,000円*入場はチケット購入が必要です
*4歳未満入場不可
*U18と小学生以下は要当日年齢確認証の提示が必要です
駐車場 なし
公共交通機関や有料駐車場をご利用ください。
主要な有料駐車場についてはこちらをご覧ください。
イベント詳細URL TCアルププロジェクト「モンスターと時計」
SNS Twitter @mpac_jp
授乳室・おむつ替えスペース 劇場内にあり

 

「モンスターと時計」ってどのような物語?

「モンスターと時計」は、小さな劇場で繰り広げられるちょっと不思議なモンスターたちとのユーモアあふれる壮大な冒険の物語です。
日本初演となるアイルランドの劇団CollapsingHorse原作の『Monster/Clock』を、芝居に、歌に、パペットにと盛りだくさんな内容でお届けします。

あらすじ

トビーは時計職人の弟子でモンスターです。
出会う人みんなを怖がらせてしまうので、心優しい親方と二人、時計だけを相手に暮らしていました。
でもある日、親方が何者かにさらわれると、トビーは親方を探すため、外の広い世界へと飛び出して行きます――。

作:Eoghan Quinn 音楽:Danny Forde 翻訳・訳詞:フジノサツコ 演出:森 新太郎

美術:大島広子 音楽監督・編曲:国広和毅 照明:佐々木真喜子 音響:穴沢淳 演出助手:菅井新菜 舞台監督:粂井靖啓(MPAC)

芸術監督:串田和美 宣伝美術:榎本太郎 イラストレーション:望月梨絵

出演:|TCアルプ|串田和美 近藤隼 武居卓 細川貴司 下地尚子 深沢豊 草光純太 坂本慶介

|ゲスト|水野貴以 高瀬“makoring”麻里子 大塚尚子<松本市民キャスト>

TCアルププロジェクト「モンスターと時計」キャスト
「大人が楽しめる舞台でないと子供だって楽しまない。」かつて岸田今日子さんからそう教わった記憶があります。子供向けのお芝居に挑戦するのは今回が初めてですが、決心できたのはTCアルプとの出会いがあったからです。
舞台上で自由に遊び尽くすことしか考えていない、この驚くべき集団。彼らと一緒になら、大人も子供も夢中になれる“なんでもあり”な冒険譚を創れるはず。劇場でお待ちしております。演出:森新太郎

チケットは好評発売中!

「信州おやこさんぽ」読者へ「時計とモンスター」の広報担当の方よりメッセージをいただきました!

読者の方へメッセージ
子どもから大人まで楽しめるちょっと不思議なモンスターの冒険物語を、
パペットや合唱、そしてお芝居と盛りだくさんな内容でお贈りします。
家族みんなで「時間の謎」を解く冒険へ出かけましょう!

プロの演劇を家族で見られる機会はなかなかありません。
芸術にふれることは、子どもの心の成長にも良い刺激となります。

子どもも大人も夢中になれる!
そんな舞台が待っています。

ぜひ、ご家族みんなで演劇にふれてみませんか?
「モンスターと時計」のチケットは現在発売中です。

プレイガイド

  • まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)

[窓口・電話] 0263-33-2200
[WEB] 芸術館チケットクラブ(要事前会員登録)

  • チケットぴあ

[電 話] 0570-02-9999 (Pコード: 496-921)
[店 頭] ぴあ各店頭 セブン‐イレブン
[WEB] http://t.pia.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です