【レポート】信州おやこさんぽ講座2019年「ライティングのきほんのき講座 第7回」開催しました(2019年10月24日上田市)

2019年10月24日(木)信州おやこさんぽ主催講座「ライティングのきほんのき講座(第7回)」を、講師に WEBクリエイター・ブロガーとして活躍されている  aki先生をお迎えして、上田市技術センターにて開催しました。

 

自己紹介

はじめましての受講者さんもいらっしゃったので、改めて自己紹介からスタート。
ライターさんだったり、既にブログを運営されていたり、デザインの仕事をされていたり、皆さんそれぞれ目的を持ってご参加くださいました。

 

 

WEBサイトってどうやって儲けているの?

WEBサイトでの様々な収入形態を、具体的なサイトの例を挙げてお話いただきました。
一言で「WEBサイトで稼ぎたい!」と言っても、色々なアプローチ方法があることを改めて整理できました。

新聞とWEBサイトの記事の役割の違い

新聞購読者(不特定多数~年齢も性別も家族構成も様々)に向けて、広く情報を発信する新聞の役割に対して、WEBサイトは「調べたいこと」を基準に読む記事が選ばれ、”検索”が主であることから テーマをしぼる ペルソナを決める 狭く深くがキーワード

ペルソナとは・・・読者として想定される人物やその人の背景のこと(不特定多数に向けた記事よりも、読み手を絞って情報を発信することで、同じ属性の人に価値のある記事ができる)

WEBサイトの主な集客方法

ブログにおいては特にSNSでの集客が重要になっているそうです。

記事執筆者の立ち位置で忘れてはいけないこと

「誰も一般人のあなたのことは興味ありません!」という aki先生 の一言には、思わず笑いながらも納得でした。
またakiさんの「自分の経験でも人に置き換えられない記事は書かない」「誰かを不幸にするような記事は書かない」というぶれない信念に感銘し「好きなことだけ書いていれば稼げる時代ではない」は、何となくわかってはいたけれど、しっかり心の中まで入ってきた瞬間でした。

 

ワーク:「読者の悩み・知りたいことを考える」連想ゲームをしてみよう

「知りたいこと」について、「6W3H」を意識して、キーワード設定をしてみました。

「6W3H」とは・・・誰が(who)・誰に(whom)・いつ(when)・どこで(where)・何を(what)・なぜ(why)・手段(how)・量(how many)・金額(how much)

初めのお題として「道の駅●●」についての知りたいことを色々出しあいました。
例)道の駅●●(どこ) 子ども向け(誰に) 食堂メニュー(何を)を知りたい など・・・

人それぞれ知りたいことが違っていて、とても興味深かったです。

 

次に前回受講生の方が書いた結婚式の文章に絡めて、結婚式の「知りたいこと」のグループディスカッションでワークを行いました。新郎新婦赤ちゃん連れで列席する夫赤ちゃん連れで列席する妻の4人の立場から、数人のグループごと役割を決めて、それぞれの立場によっての「知りたいこと」を1つづつを付箋に書き出し、ホワイトボードにそれぞれ貼り付けて発表まで行いました。

最後に、aki先生が「これで1つサイトが作れますね!」とおっしゃった位、とても沢山の「知りたいこと」や検索キーワードが挙がりました。

 

 

終始包み隠さず、WEBサイトでの稼ぎ方・テクニック、考え方や捉え方、時代の流れなどを惜しみなく教えてくださいました。リアルにWEBサイトで収入を得ているaki先生の講座はとても興味深くまた親近感があり、「あっという間に終わってしまった」というのが率直な感想です。

次回の「ライティングのきほんのき講座(第8回・最終回)」は、 10月31日木曜日。
講師は引き続きaki先生です。

記事を書いた人
宮入クミ

長野市若穂保科在住。人生の目標はワクワクしながら暮らすこと!夜、子供とおつまみを取り合いながら飲むビールを楽しみに生きてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です