イベント お知らせ 東信

【終了】【11月17日(木)10時〜開催】もっと「おやこさんぽ」のできる上田市に♪ パパママ、市、議員さんたちで話し合う会【上田市役所2階まちのアトリエ】

2022年10月17日

上田市役所2階「まちのアトリエ」にて、子育て世代を中心に、市役所の方たち、市議員の方たちを交えて

  • 上田市で子育てをしていくなかで困っていること
  • もっと子連れでおでかけがしやすくなるにはどうしたら良いか
  • 子連れ向けにこういう企画があったら良いのではないか
  • などなど、「あったら良いな」「困っています!」ゆるく、ざっくばらんに話し合う会を開催します。

    本当は6月に開催予定だったのですが、主催者が体調を崩してしまいまして延期となり、
    今回再開催となりました。

    困っていること、こうだったら良いのに…
    実は「すでにありますよ!」ということもあるかもしれないと思い、当日は市が実際に取り組んでいることのナビゲーターとして子育て・子育ち支援課より課長補佐兼係長の高橋英之さん、子育て支援コーディネーターさんが参加してくださいます。
    高橋英之さんは双子のお子さんがいらっしゃるお父さんでもあります。
    また、出産や育児の課題などに取り組んでくださっている上田市議会議員の方たちもいらしてくださいます。

    本会はゆるく、ざっくばらんに子育てのなかで感じている不安、意見や想いを話し合うことを目的としています。
    要望が市に届く、市が叶えてくれるということではないのでその点ご理解いただけますと幸いです。

    また、なかなか直接会っての知り合いが作れない昨今。
    子育て世代の方たちが困った時などにゆるく繋がれる頼れる知り合いづくりの機会にもなれば幸いです。

    顔を合わせて、自分の想いを言葉にして声に出すだけでも、気持ちのリフレッシュになることもあります。
    当日はゆるく、のんびり、でもトークテーマはちょっと真面目に!? 参加者の皆さんでお話ができれば良いなと思っております。

    お気軽にご参加ください♪

    「もっと「おやこさんぽ」のできる上田市に♪ パパママ、市、議員さんたちで話し合う会」の開催概要

    日にち 2022年11月17日(木)
    お申し込み締め切り 2022年11月14日(月)
    時間 10:00〜12:00
    場所 上田市役所2階「まちのアトリエ」
    参加料 無料
    参加対象 上田市に住むパパやママ、上田市の子育てに関心のある方
    プレパパ・ママも参加OK! お子さんとご一緒も大丈夫です♪
    イベント参加方法 お申し込み後、2,3日以内に「信州おやこさんぽ」より受付完了のメールをお送り致します。
    新型コロナウイルス感染拡大予防対策によりオンラインイベントに変更となる場合もあります。
    当日のスケジュール 9時45分 受付開始
    10時00分 参加者の方たちの簡単な自己紹介タイム
    10時20分 グループトーク①「上田市で子育ている中で困っていること、改善してくれたら嬉しいこと」 
    10時35分 各グループトークの共有、意見交換
    10時50分 グループトーク②「上田市、こうしたらもっと子育てしやすくなる! こうだったら良いのになアイデア」
    11時05分 各グループトークの共有、意見交換
    11時20分 まとめ
    11時45分〜 流れ解散(正午まで滞在可能です)
    参加可能人数 10名前後
    当日、参加予定の皆さん 子育て・子育ち支援課 課長補佐兼子育て・子育ち支援担当係長 高橋英之さん
    子育て支援コーディネーターさん
    齋藤加代美さん(上田市議会議員)
    武田さちさん(上田市議会議員)
    中村ともよしさん(上田市議会議員)
    主催 信州おやこさんぽ

     

    \参加お申し込みはこちら!/

    イベントに参加する

    お申し込み締め切りは2022年11月14日(月)

    ※こちらのイベントは、取材が入る可能性があります。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

     

    参加したいけれども参加ができない方向け投稿フォームもあります!

    「当日の参加はできないのだけれども、想いをシェアしたい!」という方向けに投稿フォームも用意させていただきました。
    ご投稿くださった内容は当日、会にてシェアさせていただきます。
    こちらもお気軽にご投稿ください!

    投稿フォームはコチラ

    【アンケート募集期限】 〜2022年11月14日(月)
    【投稿した内容について】お答えいただいた内容は、当日の会でシェアさせていただきます。

     

    6月募集時にはこんなアンケート回答を頂きました!

    6月時にもアンケートを募集したところ、下記のようなご意見をいただきました。
    ご回答大変ありがとうございました!
    掲載許可を下さった方のみ下記ご紹介いたします。
    今回のイベントにて、こちらのご意見も参考にさせて頂きます。

    上田市で子育ている中で困っていること、改善して欲しいこと

    ・異年齢で遊べる室内の遊び場があると嬉しい。支援センターの利用年齢が限られるため、普段は公園や図書館を利用してるが、他にも室内施設があるとありがたい。
    ・保育園が高いもっと安くして欲しい
    ・公園などの屋外施設は沢山あって外で思い切り遊べるのは助かっていますが、子供向けの屋内施設が少ないので雨の日や夏の暑い日などは遊ぶところがなくて困っています。
    ・「子どもの居場所」が、コロナ流行により、閉鎖された時、普段生活が厳しい世帯ほど、学級閉鎖の時など、自力で生活乗り切るのに苦労した話を聞いた。
    上田市は、比較的、一律、右へ習え、みたいな傾向があると、普段から感じているので、コロナ流行してるような、大変な時にこそ、生活弱者に受け皿を用意するなど、市独自の創意工夫をして欲しいです。
    ・子育て中でも、キレイでいたいという気持ちがいっぱいでした。
    子供と一緒に参加できる運動系はあるものの、美容系に関しては、全くゼロに等しい。子供も参加できる美容レッスンが欲しかった。
    ・雨天時のお出かけスポットがなく悩んでしまいます。雨の日も楽しく、お金がかからず出かけられる場所が欲しいです。
    ・母乳育児なのですが、母乳相談室のような助産所が近くにほしいです。

    上田市、こうしたらもっと子育てしやすくなる!と思うアイデア(あくまで アイデアなので、現実的なものでなくてもOK)

    ・図書館に託児機能をつけてほしい。または、子供用の部屋にサポーターさんなどを配置し、ママたちが本選びしている間の相手をしてほしい。(上田市子育てサポーターを活用する等)
    ・上田市だけでなく、全体的に子育てサロンみたいなのがあるといいと思います。行政でやっているところもありますが、民間で小ぢんまりというのでもいいかとも思います。
    ・時短勤務を小学校低学年まで義務にしてほしい。職場は3年ですが3歳になったらフルタイムは結構きついです
    ・上田市は車がないと生活できない世帯がほとんどだと思います。そうなるとチャイルドシートも必ず買わなければいけません。
    年齢ごとに買い直しも必要で負担が大きいです。チャイルドシートを購入する時に補助金などあると良いなと思いました。
    おむつ代やミルク代などもかなり費用がかかるので少しでも補助があれば助かります。
    ・ため池、川、田んぼなど、子どもが自由に(保護者付き添い義務でも)遊べる自然環境が欲しい。
    立ち入り禁止、ここで遊ぶなばかりでは、ふるさとで、楽しく遊んだ記憶が乏しい世代が続き、上田愛が育ちにくい気がする。
    いっそ、溜め池を、大人と一緒なら、釣りできたり、近隣の持ち主の協力で、ルール守れば田んぼの間などの用水で水遊び、生き物採取できる場所を作り、地域の売りにするくらいの取り組みが欲しいです。
    わんぱく屋外自由遊び出来る環境整備を望みます。
    ・今美容関係の仕事をしている。子供も参加OKのメイクレッスンや自宅でできるセルフマッサージ、親子で感謝を伝え合えるハンドマッサージなどのワークショップを店内でやっているものの、もっともっと輪を広げていきたい。
    キレイ!って言われることで、気持ちのモチベも上がるし運動でケアできない、女性を楽しむというお手伝いがしたい。
    子育ては子供中心で囚われがちだが、ママが楽しんでいると、子供もニコニコしているので、女性を楽しむ場を作りたい。
    ・子どもは電車やバスが好きなので、移動手段として使ってみたいと感じますが、移動先に子どもと過ごせるような魅力的な場所が少ないように思います。もっと、駅やバス停の近くに、楽しめる空間を作ってもらえたら嬉しいです!
    ・地元が丸子、自宅が塩田なのですが、もう少し近くに母乳相談できる場所がほしいです。塩田地域の山側在住なのですが、徒歩圏内に行ける公園がほしいです。特に引越してきてすぐなのですが、ペーパードライバーなので夫がいるときでないと外出できませんでした。

    そのほか、上記に該当しないことで書きたいことがございましたらご自由にお書きください

    ・上田地域の皆さんは子供を連れていると声をかけてくれたり助けてくれる方が多く、温かい人ばかりです。
    若い世代も高齢の方も住みやすい上田市になることを願っています。
    ・せっかく新しくなった市役所なのに、子どもとだとどうしても行きにくく感じます。図書館やフリーで遊べるスペースなどがあれば、もっと市役所を身近に感じます!
    ・今年の一月に東京からUターンで上田市に戻ってきました。まん防がすぐ出たこともあり、ひろばや支援センターが全て閉まってしまい自宅付近を散歩するしかなく息子も同世代の子と遊べず、周りがどうやって遊んでいるか知りたかったです。
    車社会なので、車ありきにはなりますが引越してきたひとにもやさしい上田市になったらいいなと思います。

    -イベント, お知らせ, 東信
    -,

    © 2022 信州おやこさんぽ Powered by AFFINGER5