生活

こんなバッグが欲しかった! 子育て世代にぴったりの財布付き多機能ショルダーバッグ「Smash bag」 長野県のママが開発

子育てをするようになってから満足できるバッグに出会えてないパパママに朗報です!

子どもとのお出かけも手ぶらで可能、9個のポケット搭載。財布付き多機能ショルダーバッグ「Smash bag」をなんと、長野県に住むママが開発しました!

バッグの機能性も抜群、そして同県に住むママが開発したというのはとっても嬉しいニュースです。

多機能ショルダーバッグ「Smash bag」の魅力

  • カードやスマートフォン、ティッシュがすぐに取り出せる機能的なフロントポケット。
  • メインポケットは8種のインナーポケット付きでタブレットや飲料、貴重品も細かく整理整頓可能。
  • 盗難やスキミング対策、防水設計で大切な荷物をしっかりガード。

 

日常生活の気づきから「Smash bag」が誕生

「Smash bag」を開発した株式会社SORENA 代表 伊藤優里さん。

「Smash bag」を開発した伊藤優里さんは、長野県に住むママ。
伊藤さんは、もともと小物輸入業を行っていましたが、2020年2月に新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに新たな事業を模索し、バッグメーカーとしてリスタートすることに。

まだお子さんも幼く、子育て真っ最中の伊藤さん。
日常生活で、旦那さんを見て感じた3つのことがあり、バッグメーカーとしての初めてのブランド「INDIGO TIGER」の初プロダクトとなる「Smash bag」を開発することにしました。

  • 旦那さんにちょっとしたお遣いに行って欲しい時、女性らしいデザインである伊藤さんの財布やバッグ抵抗感を持ってしまい、共有ができない。
  • 「妻にもたされた」のでなく、自ら持ち歩きたくなるようなバッグが一つあってもいい。
  • 使うもの一つで日々の行動をスマートにしてくれるバッグがあれば、もっと楽しい生活が送れるのではないか。

「旦那さんだけではなく、世の中のあらゆる人々にも快適に過ごしてほしい。そして、年齢や性別の壁を超え、どんな人にもカッコよく人生を貫いて欲しい。」

そのような伊藤さんの強い想いから、「Smash bag」は誕生しました。

 

子育て世代に嬉しい! 「Smash bag」の多機能性

「Smash bag」は、カードやスマートフォン、ティッシュがすぐに取り出せる機能的なフロントポケットが特徴の一つ。
また、メインポケットは8種のインナーポケット付きでタブレットや飲料、貴重品も細かく整理整頓ができます。
盗難やスキミング対策、防水設計もされているのも安心です。

散歩や街歩きなどのちょっとしたお出かけや、小旅行などにも大活躍ができる便利なショルダーバッグになっています。

 

いつも整理整頓できているバッグに! ポケットが充実

「Smash bag」はポケットが充実しており、荷物の整理整頓がバッチリできます。
何かと荷物が多くなってしまう子育て世代には嬉しい特徴になっています。

インナーポケットも大小8つ設置されていて、荷物を細かく整理整頓ができる優れもの。

メインポケット以外に7インチのタブレットがすっぽり入る大き目のオープンポケット、モバイルバッテリーやボールペン、メモ帳など細かく仕分けができる大小のオープンポケット、貴重品が入るファスナーポケットなど、機能的な収納が可能です。

メインポケットには500mlのペットボトルや折り畳み傘も入る安心の収納力です。

「オムツはどのくらい入るのか?」
子育て世代には気になるところ。
Lサイズのオムツの場合は、4枚入れることができます。

たくさん入れても、そのように見えない形状に設計をしているのも伊藤さんのこだわりです。

 

お財布機能も搭載

「Smash bag」の表面にはお財布機能を兼備したフロントポケットがついています。

フロントポケットはファスナー付きのお札用ポケット、コインポケット、さらにカードポケットはなんと10枚分!
フリーポケットも1室付いているので収納力も魅力です。

家計用の財布と自分用の財布と2個持ちしている家庭もあるかと思います。
わが家も家計用と自分用の財布の2個持ちです。
自分用の財布をバッグから取り出したいのに家計用の財布の下にあって取り出すのに時間ロス……という場面も今までよくありましたが、家計用を「Smash bag」のお財布にすれば、時間ロスも防げそうです。

とはいえ、お財布機能がフロントポケットにあるとスリや盗難が気になるところ。
「Smash bag」は、その心配を解消するべく、フロントポケットのファスナーを隠すために65mm幅のカバーを採用しています。

カバーをめくらないとフロントポケットのファスナーが開けられず、財布やお金を抜き取るまでの手間が増えるので見ただけでスリも諦めてもらう様な設計に。

また最近は海外でカード自体を盗まなくても、機械で間接的にカード情報を抜き取るスキミングが流行っています。
「Smash bag」のフロントポケットにはスキミングマシーンを無効化する磁気遮断シートを生地に挟み込んでいるため、カード情報が盗まれません。

 

バッグの中で迷子にならない スマートフォン、ポケットティッシュ、ウエットティシュの専用ポケットあり

「スマートフォン、どこに入れたっけ?」
「ウェットテッシュ持ってくるの忘れた!」

「Smash bag」は、そんな持ち物の悩みをスマートに解消することができる窓付きのスマートフォンポケット、ポケットティッシュとウエットティッシュがサッと取り出せる専用ポケットがついています。

スマーとトフォンポケットは6.1インチのiPhone12もすっぽり収まり、窓の透明フィルムはタッチパネル対応なのでポケットに入れたまま時計やメールの確認が可能です。

また、ポケットティッシュ取り出し口と、内側のウエットティッシュのポケット入り口には日本製ファスナーを採用しており、雨露や埃での汚れもカバーします。
さらにウエットティッシュポケットの内側にはEVA樹脂を2mm厚でコーティング。
ティッシュの水気やアルコールの揮発(きはつ)を防ぎやすくなります。

突然の鼻水もすぐにティッシュでぬぐえ、テーブルや便座のウエットティッシュ用の蓋を開けばサッと除菌ができます。
何かとティッシュやウェットティッシュが活躍する子どもとのお出かけには嬉しい機能ですよね。

 

車や家の鍵もすぐに見つけられるカラビナ付き

車や家の鍵がスマートキー化し、鍵は普段はバッグの奥底に……
いざ取り出して必要となった際に、取り出すのにひと苦労なんてことがあります。

「Smash bag」はワンタッチでキーリングの取り外しが可能なカラビナがついています。
チェーンを手繰り寄せればすぐに取り出すことができます。

 

バッグの重さはリンゴ1個分

荷物がかさばって重くなりがちな子育て世代。
その分、バッグは軽さも重要です。
「Smash bag」の重量はたった310gと超軽量。

リンゴ1個分とほぼ同じ軽さなので、荷物を入れても肩の負担へ配慮した設計になっています。

さらに「Smash bag」の生地には耐摩耗性や引き裂き強度に優れたナイロン製420D(デニール)オックスフォード生地を採用。
撥水性にも優れた素材になっています。

 

現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて予約販売中

「Smash bag、欲しい!」「どこで手に入るの?」と気になったパパママも多いはず。

現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて「Smash bag」が予約販売中です。
クラウドファンディングのプロジェクト目標は公開から24時間で達成!

引き続き、2021年5月30日まで予約販売を行っています。
今なら、定価11,800円から20%OFF(2,360円引き)の9,440円にて購入ができる超早割で手に入れることができます。

筆者も予約しました!
手元に届くのが今から楽しみです♪

 

記事を書いた人

野々村奈緒美

東京都出身、フォトグラファー。2016年に上田市に移住。育児と仕事を共に楽しむことを大切にしつつ長野県内を中心に活動中。「長野県観光インスタアワード」信州花フェスタ部門最優秀賞。

-生活
-,

© 2021 信州おやこさんぽ Powered by AFFINGER5